Blitz R-FIT装着

(2004.11.6)

Blitzの多機能モニタR-VITを装着していましたが、このたびR-FITなるものが発売となりました。
燃調コントローラですね。
Option Wagonの裏表紙を見てしまったのが最後、速攻で入手してしまいました。

ブリッツ R-FIT  ブリッツ R-FIT/VIT ミニバンセット

形状はR-VITと左右対称。
サイズも非常にコンパクトでスマートです。
形状を合わせて配置することで、R-VITでモニタしている情報を光(赤外線だと思う)通信することができ、配線の省略ができます。

スロットル開度情報をR-VITから受け取り、3Dマップトレース機能を作動させることができます。

これの売りはお手軽さでしょうか?
イージーセットアップ機能を持ってます。
プリセットデータで自分の車種を選ぶだけで、とりあえず効果を味わうことができます。
初心者向きだと思います。

グローブボックス裏にECUありますが、それにささっているコネクタ上から順に
MC前2.4L、MC前後3.0L:①22P,②28P,③17P,④24P,⑤31P
MC後2.4L:①31P,②35P,③32P,④35P,⑤34P

配線表
MAF信号 RPM信号 IGN信号 GND信号
MC前ACR ④24P 12Pin
灰-青線
②28P 27Pin
桃線
①22P 16Pin
黒-赤線
④24P 17Pin
茶線
MC前MCR ④24P 10Pin
灰-青線
②28P 27Pin
桃線
①22P 16Pin
黒-赤線
④24P 17Pin
茶線
MC後ACR ⑤34P 30Pin
灰-青線
①31P 5Pin
桃線
①31P 1Pin
黒-赤線
⑤34P 7Pin
白-黒線
MC後MCR ④24P 10Pin
灰-青線
②28P 27Pin
桃線
①22P 16Pin
黒-赤線
④24P 17Pin
茶線

配線はこれだけ。
MAF信号は純正配線をカットして線材を割り込ませる必要有り。
ギボシでしっかりと接続しないといけません。
自分の車はキノコエアクリ+マフラーのため、R-FITマイスターショップの風間オートサービスに書き換えをお願いしました。
基本的な設定としては3000回転付近をピークに山を作り、高回転側ではマイナスまで徐々に減らしていく感じになります。エアクリ交換なら3%増量いっても5%増量ぐらいにとどめておけば大丈夫でしょう。
ミニバンセットじゃない購入ですが問題ないです。ノーマルのセッティングが入っているので、そのデータに上に書いたように増減してやれば良いので。

走ってみた感じですが、高回転まで良く回るようになりました。
低回転域の増量でトルクが増え、高回転域の減量で回るようになった印象です。
実際には6000回転の高回転まで使わないんですけど、いざというときに良さそうですね。

2タイプ、プリセットしておくことができます。
CH1とCH2。
走りに合わせて容易に切り替えるができるので、非常に楽です。
自分の場合、街乗り用とちょっと低回転重視の気合い用の2タイプ。
普段はCH1の街乗り用、低域はいじらず、高回転側だけ回るように徐々に薄くしてます。

ちょっとトルクがほしいときは、CH2。
実用域2000~3000回転付近を濃くして、高回転側を徐々に下げていくというセッティングです。
剥き出しエアクリのタイプにもよりますが、3%以上まで上げても大丈夫のようです。
自分のは3000回転をピークに3.5%にセット。
1000回転ぐらいの低域から持ち上げていって山を作り、4000回転あたりで0、高回転側はマイナスの域まで徐々に減らしていきます。
今のところ、これで走りもバッチリ、問題なしです。

他にPASSというセッティングしないモード(そのままスルー)もあります。

製品パッケージ 内容物
この位置に配置しました 別の角度から
夜も見やすいです