アイレーシング ワンオフ センターパイプ装着

(2007.5.12)

いじり費用(About) \35,000-(ワンオフ代)
+\3,000-(タイコ一個)
入手 アイレーシング
取付時間(目安) 5時間
オススメ度(5段階) ★★★★★
一言コメント オールステンはいいですね

センターパイプはリアピースと同時装着ですので、単品評価はできません。インプレッションはアイレーシングSIMマフラー装着を参照してください。

アイレーシングさんへの訪問が決まったので、長距離遠征だし、いっそのことセンターパイプも...ということで。
エスティマのセンターパイプにはサブサイレンサーが付いており、ここをサイレンサー・レスの直管にすると爆音になります。少なからず消音の手助けをしている部分ではあります。
普通どのメーカーに聞いても、センターパイプを交換すると「音は大きめになる」との回答です。
なので、SIMマフラーの消音技術を生かして、静かなセンターパイプを作りたい。ついでに純正の抜けの悪さも改善できれば良いという考えです。

トヨタに確認したところ、MC後2.4Lエスティマのメインパイプ径は約φ49mm、細いです。超-低排出ガス車認定のため、細くしているようです。(ちなみにMC前2.4Lは約φ54mm)
パイプ径を太くするのも走りを改善する手ではありますが、やはり抜けすぎは怖い。TOPLINEエキマニと付属のメタルキャタライザーで抜ける方向にはなってます。更に低域トルクがなくなって走りづらくなるのも困るので、メインパイプ径は純正同等のφ50mmにしました。
今回の交換目的はタイコ部分での静音化に重点を置いてます。本来の走り目的での交換ではありません。ただタイコ部分にSIMマフラーのタイコを使用することでストレート構造になり、純正よりは抜けの良いものになる計算。SIMマフラーはトルクを落とさずにパワーアップできる一品ですので、走りにも好影響を与えてくれるでしょう。
消音が足りなければタイコ追加で対応することも可能です。

作業時間はリアピースよりも、こちらの作製で時間がかかってます。
できあがったオールステンの管、綺麗で良いですね。これでエンジン以外、吸排気系は全て社外品に変わりました。
SIMマフラーのタイコを使っているので、排気はエンジン以降出口までストレート構造。トルク落ちはないが、やはり抜けは良いですね。以前より走りやすく改善、十分に満足できる一品です。

また、SUS304のステンレスを使っているのでサビを抑え、車の寿命ぐらいは持つ耐久性のあるパーツになります。そういった面でもプラスでしょうか。
ワンオフと聞くと高いイメージありますが、予想より安く済みました。普通にできあがり品を購入したのと同じぐらいの額です。
市販品を買うより、自分の仕様に合わせて作れるワンオフ品も良いのではないでしょうか。

外した純正のセンターパイプ 純正サブタイコ、構造は知りません
SIMマフラーのタイコを使って位置出し このままの状態で仮溶接
完成品 サブタイコで音と抜けを狙う
フロントパイプに繋がる部分 メインパイプはφ50mm
車体に装着 純正同等のパイプレイアウト
リアピースと接続 オールステンになって見た目もGOODです