純正ウインカーリレーでハイフラ防止

(2007.2.6)

いじり費用(About) \60
入手 秋葉原の電気屋
取付時間(目安) 30分
オススメ度(5段階) ★★★
一言コメント 安いので良し

私のウインカーは全てLEDウインカーハイフラになり、点滅速度が変えられるタイプのウインカーリレーを入れました。
ハイフラとは、ハイフラッシャーの略で、ウインカーの点滅が速くなることを言います。120回/分を超えると違法改造とみなされます。遅いほうはというと、60回/分までになります。エスティマの純正だと85回/分です。

ウインカーリレーを入手する前の調査で、プリウス乗りの方が純正のリレーを改造して試しているのを発見しました。
ウインカーリレーの構成も同じだし、実験してみることにしました。
私は装着していませんが、備忘録として残しておきます。

純正ウインカーリレー(FLSHリレー)は運転席足下右、ヒューズの上にあります。これを素直に引っぱれば外れます。
ケースは簡単に外れますので、中を見るとリレーがどーんとあって、その横に謎のコの字型の棒があります。それを外して可変抵抗をに変えてあげれば、ハイフラにならないポイントがあるようです。

早速試してみました。
かなり微妙な抵抗値で変わるようなので、大きい抵抗値よりも小さい抵抗値のものが良いようです。先駆者は100Ωを使っていたので、同じく100Ωの可変抵抗を使用しました。一個60円くらいです。
これを、外したコの字型のところに抵抗として入れてあげます。
動かないようにリレーに固定。
装着した状態でボリュームが回せるように、ケースに穴を開けました。

完成して装着。ウインカーを点滅させてみると...
カチッとなったまま点滅の気配がありません。
そこでボリュームを回し、限りなく0Ωに近いところまで回したら、見事に通常のウインカーとして動作しました。ハザードも右ウインカーも左ウインカーもハイフラ無しです。
ただ、かなりシビアです。どの方のウインカーでも同じようにうまくいくのかどうかはわかりません。
“やってみる”しかなさそうです。
試しに50Ωにしてみたところ、全くダメでした...
また、100Ω以上は手持ちがなかったので、やっていません。

リレー購入より安いのでお得です。セメント抵抗で対策する前に、トライしてみてはいかがでしょう。

ウインカーリレー(FLSHリレー) 横から見た図
ケースはツメで固定なので、すぐ外れる
リレーブロックが登場
背面図
プリウスの画像と同じでした
の金属棒を取り去ります かわりに可変抵抗を接続
見栄え良くしてみました
こんな感じで動かないように固定 装着状態でボリュームいじるので穴開け
あっという間の完成です